名入れのグッズを作るコツ|選択肢がたくさんある

インク

インターネットで発注

名刺のインターネット発注は非常に簡単であり、同時に従来よりも料金は安く、納期も短縮されています。自社で製作した方が良いという考え方もありますが、残業して製作しなければならない可能性があり、何より、印刷会社製作よりも質の劣る名刺となりますから、印刷会社に発注した方が良いと言えます。

大まかに分けると三つ

ノベルティ

デザインとコストの違い

名入れグッズを作成するときには大まかには三つの方法から選ぶことができます。広く既製品を扱っている業者に依頼して、既製品に対して名入れをしてもらうというのが一つの方法です。最もよく行われている方法であり、目的に合ったグッズを選び、名入れをデザインしてしまえば簡単に発注することができます。どこにプリントするか、プリントの方法はどうするかといった点も選ぶことになりますが、業者に相談すれば典型的な例を示してくれるので決定するのも比較的容易でしょう。もう一つの方法として既に作成してあるグッズに対して名入れを依頼するというものがあります。販促のときにしばしば行われるものであり、販促したい商品そのものに名入れをしたり、自社の製造ラインで作れるものにロゴを入れたりしたいというときに用いられる方法です。専門的に行っている業者だけでなく、印刷業者でも相談すると扱ってもらえる場合があります。グッズの種類によってオーダーメイドになってコストがかかることが多いものの、望んでいる名入れグッズを作るのに適しているでしょう。最後の一つはグッズの作成から名入れまでを全て一つの業者に任せてしまう方法です。オリジナルグッズを作成したいというときに、その専門業者に依頼して名入れ済みのグッズをデザインから作成まで依頼するという形でよく利用されています。綿密な打ち合わせをした上で発注するとコストをかけるだけで理想的なものが手に入るのが特徴です。

コストを抑えて作成できる

名刺を業者に頼む場合はデザイン費用と印刷費用がありますが、自社で作成、印刷することで経費削減ができます。社内のプリンターを使い、パソコンにデータを残すことで、いつでもデザインを修正することも可能です。どうしてもプロに頼みたい場合は、低価格をアピールしている業者もあるので比較してみるのもオススメです。

少しの工夫で大幅削減

ビジネスの場面で使用頻度が高い名刺は在庫が尽きるのも早く、その都度業者に印刷発注をかけていたらコストもかかってしまいます。しかしコストダウンが期待出来る方法があります。一つは自社で印刷すること。もう一つは格安の印刷通販業者に発注すること。どちらも従来での方法よりも大きく費用を抑えることが可能です。

Copyright © 2017 名入れのグッズを作るコツ|選択肢がたくさんある All Rights Reserved.